トリキュラー

低用量ピルで一番使われているピルと言ったら「トリキュラー」です。トリキュラーは避妊効果だけではなく、生理痛緩和や月経不順改善などの効果もあります。では、何故トリキュラーが一番使われているのかをご紹介します。

避妊のためにトリキュラーを服用し鬱に?

トリキュラーは正しく服用する事によって高い避妊効果を期待する事が出来る薬となっています。
その為、最もポピュラーなピルとして多くの病院で処方されているのが現状です。
しかし、服用すると人によっては副作用を感じ、血栓が出来たり吐き気や頭痛などを引き起こしてしまう事もあるので、安全に服用する為にも医師に処方してもらう方が安心です。

ただ、人によってはトリキュラーを服用した後から鬱、情緒不安定などになったと感じている人も存在しています。
しかし、実際にトリキュラーの副作用として報告されている症状に、このような症状は含まれていません。
原因として考えられる事の一つは、ピルを服用したことによるホルモンバランスの変化で、今までの状態とはホルモンのバランスが変わってしまった為に、体がまだそれについて行く事が出来ていない、その為吐き気などを感じる事がストレスとなって鬱症状を引き起こしているという可能性は考えられます。
しかし直接的にトリキュラーによって鬱になるという事はほぼないと考えても良いでしょう。

ただ、鬱症状はその人にとってはとても大きなストレスとなってしまいかねません。
したがって、安全に服用する為にも、過去に鬱の経験があるという人は予め医師にその点を伝えておく事が重要です。
またPMSの症状がひどく出るという人も、その点を伝えておくと良いでしょう。
鬱の薬の中にはトリキュラーを服用している場合には使う事が出来ない薬も有るので、自己判断で適当に鬱症状を改善する効果が期待できる薬を服用してしまうのはとても危険です。
何か心配な症状が出てきた、気持ちが晴れない、焦燥感を感じてしまうという様な場合は、医師に相談する方が安心です。