トリキュラー

低用量ピルで一番使われているピルと言ったら「トリキュラー」です。トリキュラーは避妊効果だけではなく、生理痛緩和や月経不順改善などの効果もあります。では、何故トリキュラーが一番使われているのかをご紹介します。

健康保険で男性用としてトリキュラーは処方可能?

トリキュラーは女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されています。時に黄体ホルモンは女性が本来持つホルモンの変化に合うように配合されているので、飲む順番によっては多く含まれている錠剤があります。黄体ホルモンは女性らしい身体をつくるホルモンでもあるので、女性らしい身体を求めて購入したいと思う男性もいるかもしれませんし、またトリキュラーは正しく使用することで高い避妊効果を得ることが出来るので、それを目的に購入したいと思う男性もいるかもしれません。しかし残念ながらトリキュラーは健康保険を使用しても男性が購入することが出来ない薬です。
薬は市販でも購入することの可能な薬もあれば、医療機関でしか処方されない薬もあります。しかし女性しか、男性しか購入が出来ない薬もあるのです。トリキュラーの様な低用量ピルは女性のみ処方、購入することの出来る代表的な例と言えます。逆に男性しか処方、購入することの出来る薬の代表としてはED治療薬が挙げられます。それぞれ性別に合わせて作られた薬なので、異なる性別の人が使用した場合には何か大きな問題や副作用が起こる可能性もあり、服用しても効果が出ない場合もあります。またトリキュラーは通信販売でも購入することが出来ますが、こちらでも同じように男性には販売することが出来ません。使用する人、受取人が女性である必要があります。
健康保険を使えば、性別に関係なく同じように薬を処方できるわけではなく、実は女性のみ、男性のみにしか処方、購入することが出来ない薬も世の中にはあるので、注意しましょう。仮に女性らしい身体をつくりたいと考えるならば、専門の医師に診察してもらい、正しい薬や対応をしてもらうようにしましょう。