トリキュラー

低用量ピルで一番使われているピルと言ったら「トリキュラー」です。トリキュラーは避妊効果だけではなく、生理痛緩和や月経不順改善などの効果もあります。では、何故トリキュラーが一番使われているのかをご紹介します。

トリキュラー服用で妊娠希望な服用を中止できる

トリキュラーは正しく使うことで高い確率で避妊を行うことが出来ます。また3段階による薬の変化で、女性本来の持つホルモンバランスの変化に近づけるため、不正出血も少なく、子宮内膜症の治療にも使われることがあります。
排卵は性腺刺激ホルモンが卵巣を刺激して起こるのですが、トリキュラーの様な低用量ピルを服用すると、身体の中には女性ホルモンが十分にあると判断し、性腺刺激ホルモンの分泌を抑えます。そうすることで排卵を抑えることが出来るのですが、排卵を抑えた卵巣は休止状態になり、その間は卵巣の回復に期待することが出来ます。トリキュラーは避妊目的だけでなく、この様な卵巣の回復を目的とした治療にも効果が期待できるのです。また服用することで生理周期が正しくなることでホルモンバランスを整えたり、過多月経で悩む人にだったりと、将来的に妊娠を望むためにトリキュラーを服用する人もいます。生理周期を整えることで排卵も正しく行われるようにもなります。
ではトリキュラーの服用を止めれば妊娠することは可能なのでしょうか。答えはYESに近いと言えます。トリキュラーは決して妊娠するための薬ではありません。避妊や卵巣や子宮の回復などに使用される薬ですが、服用することで、症状が改善されれば妊娠しやすい身体になることも可能です。そのため避妊を目的としていたなら服用を中止すれば妊娠する可能性もありますし、不妊治療の一環として服用しているなら医師の判断の元、服用を中止することで妊娠可能な状態になっているかを確認することも出来ます。しかし仮に服用をやめても妊娠が出来ない場合は、もしかすると他に原因があるかもしれません。そのためトリキュラーの服用を中止したことで、すぐに妊娠可能だとは明記することは出来ませんが、子宮や卵巣を休めることで良い影響を与えることも可能です。