日本で一番使われているトリキュラー

トリキュラー

低用量ピルで一番使われているピルと言ったら「トリキュラー」です。トリキュラーは避妊効果だけではなく、生理痛緩和や月経不順改善などの効果もあります。では、何故トリキュラーが一番使われているのかをご紹介します。

日本で一番使われているトリキュラーとは

トリキュラーは低用量ピルで、日本で多くの女性が使っています。
毎日同じ時間に服用したりシートに書かれた順番を守るなど、正しく使用することで高い避妊効果を発揮することが可能です。
婦人科などでも処方されることの多いトリキュラーには21錠タイプと28錠タイプの2種類があります。
21錠タイプは21日間連続で服用し、その後7日間薬を服用しない期間を設けるサイクルを続けます。
28錠タイプは7錠のトリキュラーの成分が含まれない偽薬であるプラセボ錠を含めて28日間連続で服用するサイクルを続けます。
こうしてみると通常の低用量ピルとあまり変わらない様に思えますが、なぜ人気があるのでしょうか。
トリキュラーは女性が持つ自然なホルモンバランスに近づき、成分が3段階に変化するようになっています。
トリキュラーのシートを見ると薬の色が異なりますが、それぞれの色に含まれる薬の成分量も異なります。
これら成分の異なるトリキュラーを服用することで自然なホルモンバランスに近づけさせ、子宮内膜が安定することで不正出血が起こりにくくなるというメリットがあります。
そのため避妊が目的だけでなく、子宮内膜症の治療目的でも使用されることがあります。
またトリキュラーは低用量ピルの中でも副作用が酷くならないことでも知られてますが、初めて使用する場合は吐き気や乳房の張りや痛みなど妊娠初期に似た症状を副作用で訴える人もいます。
これらは使用していくにつれ症状が改善されることも分かっていますが、副作用が強く出て生活に支障が出たり、長引く場合は医師に相談してみましょう。
高い効果は期待できますが、薬との相性もあるので、無理をして使うのではなく他の低用量ピルという選択もあります。
安心に使用できる物を安全に使用できるという身体にとってベストな方法を選びましょう。

トリキュラーの価格について

トリキュラーを購入しようと思うと、医療機関と通信販売の2通りがあります。
医療機関でのトリキュラーの価格は医院ごとに異なりますが、2,500~4,000円であることが多いです。
それに診察代、検査費などが2,000円前後かかりますので、約6,000円程度が毎月必要になってきます。
通信販売では1シート1,500円前後で購入することで出来、一度に複数シートを購入することで1シートあたりの価格を安くすることも出来ます。
通信販売では医師による処方箋を無しでも購入することが出来るので、非常に便利な購入方法と言えるでしょう。
価格を見ると、通信販売を利用した方が絶対的に良く見えますが、双方にメリット、デメリットは存在します。
医療機関でトリキュラーを購入する場合のデメリットは毎月の診療と価格であるならば、メリットは安心が伴うということです。
医師による診断があるので、体調が悪い時や薬が合わない時など、適切な処置やアドバイスを受けることが出来ます。
また医療機関で処方してもらうので、偽物であることは考えにくく、その安心代がプラスされていると考えられます。
では通信販売のメリットが価格の安さであるならば、デメリットは何でしょうか。
それは自己責任が伴うことです。
薬の通信販売は海外からの輸入品を扱っているので、購入する業者は純正品を販売しているのか、適切なルートで仕入れているのか等を自身で見極める必要があります。
通信販売で購入するためには、自分で安心かどうかを見極めなければなりません。
それぞれ販売する価格は異なりますが、それぞれに理由があります。
そのどちらの理由に自分が納得できるかで、購入方法を考えても良いのかもしれません。

トリキュラー服用でホルモンバランス改善

女性は生理前になるとホルモンのバランスがくずれて厄介な症状が出る事があります。
代表的なのはニキビです。これは男性ホルモンの影響が強くなり油脂が多く分泌されるためニキビが出やすくなるのですが、デートの日などにニキビになると憂鬱になるでしょう。
そこで活躍するのがピルの一種であるトリキュラーです。
これは避妊目的で使うものですが他にもホルモンのバランスを整えてニキビができる根本原因をやっつけてくれます。
ですので生理前にニキビで悩まされなくてもいいのです。
ホルモンのバランスが崩れることによってイライラしたりけだるい感覚になることもありますがこれらもトリキュラーによって解消できます。
実際にこれらの目的でトリキュラーを使う方も多いのです。
最近はストレスによってホルモンバランスが崩れる方もいますがそのような方にもいいでしょう。
しかし副作用が気になるところです。
トリキュラーはホルモンを使った薬ですので不安に思う方も多いのですが実際には副作用が非常に少なく、日本でも産婦人科でよく使われている薬で一番人気があります。
一応副作用もあることはありますが、頭痛や吐き気でそれらも使い始めの一ヶ月から二か月までに解決することが多いのです。
ただ一つ注意しなければいけないのはあくまでもトリキュラーは避妊目的で作られた薬でありニキビや生理症候群を解消するためのものではありません。ですので効果が出るまでには半年くらいはかかります。
もしも直接的な効果を期待するならそれらに特化した薬を使うようにしてください。
まずは医師に相談してみましょう。
トリキュラーによって改善できる症状なのかどうかを客観的に調べてもらう必要があります。

■いざというときのために持っておこう
通販でアフターピル購入